自治体が起業をサポートしてくれる?

起業家に対しての自治体のサポート!

なぜ地方自治体は起業家をサポートしてくれるのか?

このコラムをシェアする

女性・若者・シニア創業サポート事業

この事業は、東京都において女性や39歳以下の若者、55歳以上のシニアの方で起業したいと考えている方に対して行われる創業支援です。

具体的には、セミナーの受講や個別の相談、融資の相談、融資前を事業の計画へのアドバイス、融資の審査や融資の実行、融資後の経営に関するサポートになっています。

融資後のサポートには、起業計画のブラッシュアップや、経営アドバイス、決算書作成アドバイスなど、年3回にわたるサポートが最大5年間行われるそうです。

融資の限度額は1500万円で、利率は1%以内、(固定金利)、返済期間は10年以内となっています。

担保の不要で、保証人も不要です。
自分がその対象者の枠組みに入っている方は、ぜひ検討をお勧めしたい制度ですね。

ビジネスコンテスト

「ビジネスコンテスト」というのは、ビジネスモデルを作ってそれを競うというコンテスト形式のものです。

ビジネスコンテストは多様化してきているようですが、主に、企業主催のもの、政府や自治体が主催するもの、学生主催のもの、と分類されるようです。

東京都では、そういった「ビジネスコンテスト」が多数あります。
「TOKYO STARTUP GATEWAY」や、「ビジコンなかの」、その他「荒川区ビジネスプランコンテスト」、「大田区ビジネスプランコンテスト」「えどがわ起業ビジネスプランコンテスト」等も有名です。
また女性の起業家の方向けとしては、「DBJ女性新ビジネスコンペティション」というのも行われています。

起業を考えておられる方で、チャレンジしてみたいと思われる方は一度調べてみてください。